2005年08月20日

GO WEST

8/19(やっと追いついた)

昨日今日と、遠征前の準備や、たまっていた仕事の整理を。

こまごまとしたものをあちこちで買いに回り、
たまっていたメールを返し(まだ全員おわってませんスミマセン!)
合間を縫って、歌詞も直したり、
南風のブログを作ったり、
いろいろでした。

体調くずしかけたけど、
今はもうなんともない。よかった悪化しなくて。

明日から大阪。
8人で遠足気分。
本当楽しみで仕方がないなぁ!
posted by 残像カフェ大森 at 01:38| Comment(1) | TrackBack(0) | SOLO WORKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SUMMER OF SESSION

8/17

南風でREC。

曲は「この街へようこそ!」。

南風の魅力の1つでもある、演奏での「会話」を重視すべく、
なるべく一発撮りに近い形でやろうと、みんなで話し合った。

一度に録りきるトラック数や、マイキングのかねあいもあり、
ドラム・ベース・マンドリン・アコーディオン・大森ギター・バイオリン
の6つを一度に録ることに。

というか、仕事あけの寺尾・りょうせい両氏を待つ間、
準備し、テストRECをやっていたのだが、予想より早く終了、
楽器・総入れ替えの大セッション大会となっていた。
(あとで写真スキャンしてUPします)

ダビング部門。
タバティーギター→十夢くんギター→HARCOさんピアノと録っていく。

HARCOさんのときはみんなご飯を食べていたので
ほとんどの人がまだ聴いてない。
実は、スタジオに来てから初めて「ピアノも」とお願いしたのだが、
練習もほぼなしで、いきなり物凄いソロと勢いで後半のバッキングまで弾いてくれた。
その完成度に、その仕事の速さのダブルパンチで、
みっちゃんなんか半ば奇声あげて足バタバタさせてたのをタバティが落ち着かせていた。

本当にすごいなぁって。

さて。

ここらへんから時間がなくなってくる。
ボーカルパートが増えた時点で、今日は録りきらないと分かってはいたのだが。

終電の早い遅いがあるので、
とりあえず、全員で歌うパートから。

ラストの大盛り上がりは、本当に盛り上がった10人のハイテンションの記録。
10人だけどヘッドフォンは1つで僕がモニタリングしつつみんなを指揮するのだけど
それがとことんヘロヘロで、全員に大笑いされた。

各リードボーカルに突入。
HARCOさん→十夢くん。
ふたりとも、さすがにボーカリスト。
一瞬にして、HARCOさんの歌、十夢くんの歌に変わっていた。さすが。

コータローくんも歌う。
リードボーカルは2人ひと組になっていて、コータローくんはハモリっぽい役割なので
フレージングや音域に悩まされるが、こちらも、問題なく終了。
予期せぬコータローくんのお茶目な面に一堂、和む。

人も少なくなってきた延長1時間。
僕のリードボーカルを強行録音。
僕は交代で歌うAメロのほかに、サビとDメロも歌うので担当が多いのだが
気合いで、録りきる。
昔は歌い直す部分とかけっこう多かったんだけど、
最近はわりと一発でいけたりもする。
もちろん楽曲によって違うけれど。

というわけで、1回戦終了。

こんなに楽しいレコーディングってないよねと
みんな口々に言っていた。
楽しくて、しかも完成度の高いものが出来たら、それはすごい素晴らしいことだと思う。

実際、店舗限定(しかもCDRだったような)ではもったいないって思うくらい
いいものが出来てるので、
内容的にも、本当に期待してもらっていいと思います。

今月中に、もう1回くらい時間をとって完成予定。

詳細は追って発表して行きます。
(次ぎからは南風予報のほうに多分UPします)
posted by 残像カフェ大森 at 01:34| Comment(6) | TrackBack(0) | SOLO WORKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月19日

南風予報

ホームページのない南風ですが
せめてブログだけでも始めました。

3G携帯からも投稿OKっぽいので
旅先からも更新していきます!

「南風予報」
posted by 残像カフェ大森 at 20:41| Comment(2) | TrackBack(0) | SOLO WORKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「明日はきっと」

●まとめて更新、ちょっと今日無理でした、明日必ず。

●やっぱり新しい携帯(3G携帯)で画像投稿するの無理っぽい。ショック。
調べてみたら、同じような症状の人多いみたいで。
ブログのためにカメラの性能よい機種選んだのに、
そのブログに投稿できないなんて!意味ない、、、。

●コンピではなく、某シリーズ(のちほど発表します)のシリーズ続編で、
なんと1曲入りシングル!!!だそうです!!!

参加メンバーは南風(フルメンバー8人)にHARCOさん・岩見十夢くんを加えた10人!!
10人全員楽器&コーラス、リードボーカルも8人が交代でとる、超豪華作に仕上がりました。
(まだ仕上げてないけど)

名義はまだ南風にするか、あらたなユニット名を考えるか検討中ですが、
とりあえずそんな感じです!!!
続報をお楽しみに!!

明日更新分で、REC風景レポ予定。
posted by 残像カフェ大森 at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | SOLO WORKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月18日

スイングしなけりゃ意味がない!

2〜3日分くらい貯めちゃってます、
明日、まとめてUPできると思います、
すみません!!

今日は下でも書いたとおり南風REC。
正確に言うと、南風いつもの8人+スペシャルゲストが2人!!
めちゃくちゃ豪華だった。
そしてやっぱり一瞬で自分ワールドに変える力があるなと。

ていうか何の曲録ってるかもお知らせ出来てないし。

アルバムとかじゃないんです。
コンピに1曲だけ参加するのですが、
どこまで発表していいんだろう、、
ちょっとそれ待ちですが。

最後までいかなかったけど、めちゃくちゃ楽しかったなぁ!

きのうまでの分と合わせて、明日また追記します!
posted by 残像カフェ大森 at 02:13| Comment(2) | TrackBack(0) | SOLO WORKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月16日

何も言わなくても・夏2005

8/14(2)

夜から南風のリハ。
スケジュールが合わず、
スタジオ自体は3時間あったが、全員そろったのは1時間のみ。


来週の大阪の曲決め→リハと、
それから秘密のREC(!)についての打ち合わせ→曲つめ。

テンポや、コードや、コーラスや、歌のまわしや、いろいろ煮詰めた。
でも各楽器のアレンジは、さすがに南風、あんまり決めることがない。
むしろ演奏するたびに違うフレーズで、会話してるようなところが一番の魅力だから。

誰かが出れば誰かが引く、誰かが引けば誰かが出る、
誰かのメロディーに応えたり、誰かにフレーズを投げかけたり。
そして、曲としてのダイナミクスや大きな流れは全員で同じほうを向いて
上げ下げしつつ、1つになっているのに、
かつ、みんな勝手にわいわいやってる感が面白い。

そんなサジ加減が、わざわざ打ち合わせなくてもちゃんと出来てる。


これはすごいことだなぁって、最近は特に思います。

もちろん、何度も一緒に演奏して、馬鹿話もずいぶんして、
そういうのを重ねてきた結果というのはあるかも知れない。
でも、なんというか、最初からこうだった気もするんだな。
性格はバラバラだけど、な〜んかどこかに共通する部分があるというか
人間的な「テンポ感」が同じなのかも。

もちろん、みんな自分のメインの活動があって、
ときどき集まるっていうことも、大きいのかも知れないけれども。
なんか、クラブ活動のようでもあるし、学祭みたいでもある。
(もちろんステージとしては半端な気持ちじゃないですよ)



そんな8人が、明日REC(詳細は後日発表します!)をし、
そして来週は8人そろって大阪でライブします!インストアもあります!
事情でコータローくんは現地合流だけど7人、各駅停車の旅。

最近は政治・経済ネタなんかも普通に出てくるようないい大人たちが
切符の名前に負けないくらい青春してそうな勢い。
10年ぶりにUNOをやることになりそう。
posted by 残像カフェ大森 at 22:55| Comment(1) | TrackBack(0) | SOLO WORKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月14日

夏フェス!(そしてコール&レスポンス)

セブンスフロアでお祭りでした。
・寺尾仁志@コール天(弾き語り+出演者全員セッション)
・荒井と市川(サニーズ荒井さん+ツキホトトギス市川さんユニット)
・iro
・キオクノオト佐野さん+iro石井君ユニット
 (雨の音をRECした音に合わせて演奏し始めた途端夕立!)
・ラントスター高津さん+倉本さん+坂さんも飛び入り
・オオモリゲンキと偏西風
・出演者全員でセッション(キョーコドラム)サマーソルジャーボーカル回しつつ。


■オオモリゲンキと偏西風セットリスト
1.4月のことば
2.夏の思い出〜恋する二人
3.自転車に乗って/高田渡
4.アイスキャンディー
5.ちょっとだけ
6.この街へようこそ!


本番前はお酒を飲まないことにしてるので、最後までずっと我慢してたけど
朝からテンションがずっと高めで、エレベーター事件などありつつ、
それくらい楽しいイベントでした。

終演後は、我慢してた分、多めにお酒をのんで
ちょっとはしゃぎすぎたけど、いま気持ち悪くないので
多分二日酔いにもならなかったのでしょう。
めでたしということで。

いやぁ本当に楽しかった。
若干、出演者のほうが楽しみすぎ(?)だった心配は残るが、
心から楽しめるイベントというのは最高なことだ。
そこから先は、参加するアーティストの意識にかかっている。

出演者が楽しんでいるのを見てもらうこと、
出演者とお客さんが一緒になって楽しむこと、
そのどちらにも答えはあるような気がする。





僕がリスナーの立場で、ということで話をすると
コール&レスポンスや、手拍子をうながすことは
一概にアリ・ナシでは言い切れなくて
この人がやるのはアリ、あの人がやるのは寒いとか
そういうふうになるかな。

高津さんや寺尾さんに刺激されて、
僕も初めて挑戦してみたけれど(協力してくれた皆さんありがとう)
...
今日から始まるのだな。

僕がやるコール&レスポンスが、将来的にアリでもナシでも
やってみてから決めようと思った。
やってみなければ分からないって思ったし、
最初から上手くはいかないとも思うし、
いつかみんなで楽しめたらすごいことだと思った。

(そしてやりたくない人まで強引に参加させることへの嫌悪感は
今までも、多分これからも、すごくあって。
でも論点はそこではなく、
みんなが入り込んでいきやすいライブにすること
そのうえで、やりたい人はやれて、やりたくない人はやらなくてよくて
そんなのが、いいなぁ。)


ということで踏み出してみたわけです。

目をつぶって歌うくせや
天井を見て歌ったしまうくせや、
コール&レスポンス以前の課題もある。

いい演奏をすること、
演奏者どおしが会話し合うこと、
ステージとして成立させること、
そして、
ちゃんとお客さんと「向き合う」こと。

正直、怖かった。
でも、楽しい時間と、いろんなものに上げてもらったテンションとで
その恐怖に立ち向かう。
もしかしたら、恐怖など感じない人だけが
やって様になる人なのかも知れないが、
とにかく、
逃げてはいけないのだ。
目をそらしてはいけないのだ。

手拍子の曲のときの高津さんは、右から左へ、
ハーモニカをくわえながら睨むように(睨んでないけど)
ぐぐぐぐって全員の顔を見てたな。
そのシーンが、ものすごく印象に残っている。
posted by 残像カフェ大森 at 07:38| Comment(3) | TrackBack(0) | SOLO WORKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月12日

8/11 ネストで1時間弾き語り

きのうネストのバーフロアで弾き語り。
曲順はその場で決めてったので記憶をたどって書き出してみます。

 1.夏の思い出(「夏が来れば思い出す〜」の歌です)を2とメドレー
 2.夏の星座(8ヶ月ぶり)
 3.白い夏
 4.あの唄が思い出せない/忌野清志郎orかぐや姫
★5.生活の柄/高田渡
★6.星祭り
★7.恋する二人
★8.めくるめく僕らの毎日
 9.夏休み/吉田拓郎
◇10.朝
 11.河の流れを見つめて(新曲・2回目)
 12.グラフィティー(6ヶ月ぶり・弾き語りは初)

リハもサウンドチェックもなしに急遽飛び入りしてくれました
★...寺尾仁志(マンドリン)&萩原キョーコ(メロディオン←いわゆるピアニカ)
◇...小池光子(ボーカル)



バーフロアとメインフロアの同時進行のイベント。
もう3回目くらいになるかな?いつもは南風で出ていたけれど
初めてひとりで出演。

バーフロアは、僕と田所せいじさんと45ワッツ(from東京60WATTS)の3組。
30分だと思っていたら、50分やっていいと言われ、
バーフロアならではのゆるい雰囲気で、3組ともその場で曲順を決めながらやっていくというスタイル。
実は、僕は初めてでした。
部分的にってのはよくやっていたけれども、まるごとというのは。

気づいたら12曲もやっていたんだな。
5分半とか6分の曲もあるから、おそらく1時間以上やっていたっぽい。

それにしても、飛び入りの3人ありがとう。
本当に、ライブ数時間前に誘って、急遽出てくれることになりました。
おかげで楽しいライブになった。

これだけ時間があると、いろいろ出来て本当面白かったです。
カバーもたくさん出来たし、夏の星座とかグラフィティーとか
久しぶりの、しかも弾き語りではめったにやらない曲も出来たし、
最後の2曲は思わず熱くなって、ハイテンションでした。

めちゃくちゃいい夜だった。
飽きずに聴いてくれた皆さん、そして楽しんでくれた皆さん、本当にありがとう。
posted by 残像カフェ大森 at 13:45| Comment(2) | TrackBack(0) | SOLO WORKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月06日

8/5月見ル偏西風

青山・月見ル君想フでライブ。

【弾き語り】
1.ハートビート(新曲2回目/新サビ)
〜機材トラブルのため仕切り直し〜
2.白い夏
3.1のお詫びで急遽1曲追加:センチメンタルの頃

【オオモリゲンキと偏西風】
4.恋する二人
5.ちょっとだけ(1年ぶり2回目/新アレンジ)
6.アイスキャンディー
7.めくるめく僕らの毎日

【再び弾き語り】
8.河の流れを見つめて(仮)(新曲初披露)
9.テーマ

1曲目、ギターの音に歪みや雑音が混じってしまい、聴きに来てくださった皆さんには迷惑をかけました、すみませんでした。
接触不良ということで、2曲目からは解決したのでよかったです。

初披露した新曲「河の流れを見つめて(仮)」、
昨日書きましたが、数日前に突然出来て、細かい詰めだけを残していた。
ので、スタジオや自宅や、当日のリハ後の楽屋でも詰めて、
発表という形になりました。

人生について真剣に考えたり、悩みの渦の中にあったり、
そんな人が、僕の周りには何人かいて。
そういう人たちに対して力になれているか分からない自分がいて、
その人たちに何が出来るだろう、何を言えるだろうと、
そういうことを歌にしたいなと。

でも結局、当日寺尾さんに言われたのは
「大森君の日記に書いてたようなことがそのまま出てるね」って。
もしかしたら、人に向けて歌ったはずが
自分に向けて歌ってるのかなと思ったりもしました。



弾き語りでは、出来た曲ばかりの曲をすぐ披露することにしていて。
で、あとから歌詞が変わったり、アレンジが変わったり、
曲がどんどん成長していく。
(だからといって、最初にやったのが未完成とか中途半端ってことではなくて
その時点での完成形だと思えたときには披露する、思えなければ披露しない、
そういうふうにしているつもりです。同じように既にCDになった曲だって
どんどん変わっていっていいと思っている)

だから、どんどん、この曲も成長していくだろうし、
いつも足を運んでくれるお客さんには、そういう課程も楽しんでもらえると思う。

次のライブにはまた新しい曲を披露できたらいいなと。
それがノルマみたいになって、クオリティーを下げてしまうのは論外だけど
どんどん挑戦して行きたいことではあります。

僕はいろんな人に、曲すごいたくさん出来るよね?って言われることが多いんだけど
自然に出てくるときと、頑張って作ってるときともちろん両方です。
(というかもっとたくさん作ってる人は全然いるよね、メジャーだと締め切りとかあるし)

でも思うのは、常に作り続けていれば、
(それがいい曲かどうかは別としても)
どんどん、新しくいられるってこと。

もちろん、毎日なにかがあるわけではないし
毎日あたらしいことを考えてるわけではないけれど、
毎日のように曲を作っていくことで、
更新、じゃないけど、どんどん新しい曲が出来るような気がする。
そして壁にぶつかったとしても、そのあとで持ち直したときに
次に進めているような気もするんだよね。
なにか大きなことをかっこよく言ってるのではなくて、
本当にそういうふうに思う。

なので毎日毎日、曲をどんどん作っています。
次の弾き語りでも、どうにか披露できるように頑張ろう。



それにしても、リクオさんのステージはすごかった。
一人なのに、あんなにエンターティナーで、あんなにグルーヴィーで、
1曲目始まったときは、ん?もしかしてアウェー?って感じだったのに
すぐみんなを惹きつけて、最終的にはほぼ全員手拍子&コーラス参加、
会場がひとつになっていて。
「リクオさんすごい!」って思うと同時に
「音楽ってすごい!」って思った。

最後のほうでは、僕は月見ルのステージの大きな月が
涙でにじんでよく見えなくなりながら、笑顔で歌っていた。

歌詞もやけに入ってきてね。(僕はあんまり歌詞を聴きとるのが上手じゃないんだけど)
楽しい雰囲気のライブなのに、歌詞が深かったり、
ただ楽しいだけじゃなくて、悲しいときにぐっとくるような
フレーズがいくつもあってね、心を包むような感じで。

いやぁ本当にいいものを見た。
僕の、今年見たライブベスト3には入る。
寺尾さんもキョーコさんもずっと興奮してました。(リハから帰るまで)
いやぁ、リクオさん、本当に素晴らしかったです。
posted by 残像カフェ大森 at 12:08| Comment(4) | TrackBack(0) | SOLO WORKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月05日

世界はそれを愛と呼ぶらしい

電車男は妙に感動してしまうんだよな。
毎週は見れないのでビデオ録ってたりして。
下らないはずなんだけど
電車男の気持ちがちょっと分かってしまうのね。
そういう感動のしかた。
でもあれ観てると2ちゃんねるが物凄くすがすがしいものだと
勘違いしてしまいそうだよね。

そんな人はいないか。



今日は偏西風のリハでした。
明日の弾き語りに数曲参加してもらいます。

わりと突然決まったので(←いつもそうなんだけど、今回は特に。)
リハなしの可能性もあり、曲数少な目にしておいたのだけど
都合が合ったので3時間ほどスタジオに入る。
お陰で、数ヶ月ぶりの曲や、細かい詰めや、
そして、初挑戦の曲まで(!)。
曲自体は2年ちかく前からあったんだけど、
ちょっと作り直してたこともあり、ライブで1回しかやってなかった曲。
もちろん二人とも初聴きだし。
それも明日やってみようかと思います。

別の新曲も間に合うかも。(こっちはまだ何とも云えない、まだ練り中)
最近日記で出してた曲ではなくて
昨日、新たに書き始めた曲。
満足いくようならやりたいと思います。
がっかりはさせたくないので、不安だったら次のお楽しみということで。

なんか毎回はじめてやる曲があるっていうのは
ちゃんとやらなければ、だけど
ちゃんとやれたとしたら、エキサイティングで、
楽しいし、意味があると思う。
posted by 残像カフェ大森 at 00:01| Comment(3) | TrackBack(0) | SOLO WORKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月29日

zher the ZOO

というわけで、セットリストです。

【エレキで弾き語り(初)】
1.ナイトフライ(5年間で3回目くらい)
2.恋する二人

【オオモリ・シゲ・佐野さん】
3.(曲名なし)
4.星祭り
5.梅雨入りのニュース(リズムマシーンあり/レゲエバージョン)
6.小さな惑星(新曲・初披露)
7.下り坂道


ユニットの曲は、全曲、リアレンジ・バージョンでした。
3人でアイデアを出し合いながら、あるときは勝手にやりながら
化学変化が起こっていました。

わりと(予想はしてたとおり)まったり目だったので(MCのぞく)
もっとアバンギャルドな曲とか、危険なやつとかやったら面白いんじゃないかと思った。
全体的に、音響的・アンビ系・幻想的という言葉が似合う感じだったな。
いやぁ面白かった。
CDのリミックスはあるけど、リミックスバンドみたいな、そんな感じかもと思った。

次回予定は未定ですが、
機会みつけてまたやるのも楽しいかなと。
posted by 残像カフェ大森 at 03:12| Comment(3) | TrackBack(0) | SOLO WORKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「戻ってきた恋人(吉田拓郎)」

エフェクター、なんと奇跡的に戻って来ました!


・中野で気づき、置きざりにした駅に問い合わせてもらうも、見当たらないと言われ肩を落としたまでは前項で書いたとおり。

・その後、代々木のザーザズー入り。
COUTHの平泉さんが快く機材一式を貸してくれる。(超感謝!)

・へこんだままリハを終え、あちこちに問い合わせる。たらい回しっぽくされ、結局あったら連絡しますということで、とりあえず、ライブに必要なものだけ買うべく新宿に向かう。

・移動中も、留守電センターに問い合わせたり、落としものセンターに問い合わせたり。

・腹を決めて、2つだけ購入(分割払い)。あとは平泉さんの厚意に甘えることに。

・ザーザズーに戻ったらすでにトップの演奏が始まっていて、出番20分前。
出番前、個人的にやること多いのでけっこう焦る。

・本番は、(その機材の問題で)けっこうリハとは違ったけれど、楽しめた。シゲ・サノさんのセンスと力量に乾杯!

・わりとね、また買えばいいことだし、もうちょっと平気でいられるかなと思ったんだけど、
ライブでも言ったとおり、予想以上にへこんでる自分がいた。
コンパクトエフェクターのなかでは人生で2番目に買ったやつとか、往年の名機なんだけどなかなか出番がなくて、このユニットで初めて大活躍するはずだったものとか。あとは材料がなくなって、生産終了してしまったもの。10cmほどのケーブルが10本くらい入っていたけどそれも無理してちょっと高いものを選んでいたし、使わないけど予備で1〜2個余分に入れて来てたし、思い出せば思い出すほど、なんか切なくなってしまった。。






で、もう、なくなってしまったものはしょうがないと。
悔やんでも出てこないと。
明日へ向かって歩き出すんだと、
やっと、つらいながらも前を向き始めた矢先。

外で呼んでる人がいますよ、と。

行ってみると、折り込みをしに来ていて、一緒に新宿まで行った某HバンドのスタッフTさん。

帰るときに念のため新宿で聞いてみたらなんとあったっぽい!と。
(ただ「機材」じゃなく「電気コード」って言われたらしい)
で、もうそのエフェクターのギュウギュウにつまったトートバックを持っている。
(自分の住所名前連絡先を書いたら引き取れたとのこと)

夢とは思わないまでも、びっくりしすぎて、偶然道で拾った?って本気で思ってしまうほど動転してしまった。

置き去りしたホームでみつけた誰かが、その駅で届けずに何故か新宿まで持って行って届けてくれたらしいのだ。時間がなかったんだよねきっと。
それにしてもいい人っているもんだね。
興味ない人だって、オークションとかでお金になる世の中だものねぇ!
って、そういうふうに、ちょっと人を信用しなさすぎだったかもって我に返って、自分を恥じた。

それにしても、4時頃には届いてるわけで、JRの連携のゆったりさ(?)対応のおおらかさ(?)にはちょっとへこんだな。

というよりも、一番へこんだのは自分自身に対してだけどね!
同じやつ買っちゃってるし。
(2つのうち1つはバージョンアップしていて、不便だなって思ってた点が改善されてたから、まぁよしとするか。)


というわけで、
お騒がせしました。
反省してます。気を付けます。
posted by 残像カフェ大森 at 02:44| Comment(4) | TrackBack(0) | SOLO WORKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月28日

自転車に乗って

image/zanzow-days-zanzow-2005-07-28T14:57:56-1.jpg
さて
ライブ行って来ます!

ゆうべは朝まで色々ぐるぐるしてしまったけれど、
悩みはそのままに、
気分は前を向いて、楽しむ気満々です。
ああ楽しいライブになりそう!
ちょっと音響的だったり幻想的だったり。
来れる方はお楽しみに!
posted by 残像カフェ大森 at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | SOLO WORKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

台風一過

image/zanzow-days-zanzow-2005-07-28T00:05:41-1.jpg
スタジオからスタジオへ移動中。



...夕方に携帯から送ったのだけど
送信失敗でこんな時間に...。
posted by 残像カフェ大森 at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | SOLO WORKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月24日

小さな惑星

明日のユニット練のために新曲を1曲しあげ、
弾き語りで歌ったものを2人に送信。

コードもリズムもちょっと複雑なので
やれるかどうかは分かりませんが。

(シャッフルで4拍子←→3連で12/8拍子、
というのは同じテンポで両立することが出来るのだが
(例:ビートルズ/All MY LOVING)
それのアクセントを変えていくことによって
4拍子に聴こえたり2拍3連の3拍子に聴こえたり、
いろいろするというわけ。
まぁ、言葉で説明すると分かりにくいですが)

出来なかったら今回は見送ります。
でも、このユニットならではというか、
この3人でこの曲にチャレンジすると、
すごく面白いことが起きそうな予感がすごいしたので
出来る出来ないにかかわらず、ギリギリで仕上げてみた。

あえて弾き語りだけで、デモも作らなかったので、
明日のスタジオでいろいろと膨らましていこうと思う。
どんな化学変化が起きるやら。



って、前回の「シンプルに」ってことと
思いっきり相反してる。

でも、
歌詞とメロディーの2つ――すなわち一番大切な2つは
ものすごいシンプル。
だから、よいものにしたい。
posted by 残像カフェ大森 at 02:21| Comment(1) | TrackBack(0) | SOLO WORKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月19日

7th FLOORで弾き語り

朝おきて空を見て
梅雨あけたかも!って思ったら
本当に関東梅雨明けのニュース。

夏はやっぱり好きだ。

炎天下のnestの屋上で本番直前まで歌ってました。
一気に夏気分で、去年ぶりに蒼い夏もやった。
この曲歌うと夏来たーって感じ。

【弾き語り】
 1.きみの生まれたところ
 2.ハートビート(仮)(新曲・初披露)

【マンドリン(寺尾さん)とデュオ】
 3.自転車に乗って(高田渡カバー)
 4.OCTOBER2004
 5.めくるめく僕らの毎日

【弾き語り】
 6.蒼い夏(吉田拓郎カバー)
 7.夕暮れ時
 8.あたらしい日々

新井さんも柳田さんも、感じのいい人だった。
打ち上げはわりと早く終了、
エレベーターに乗り込む
が、
下の階でplatonやARROWSや色んな人が打ち上げ中、
挨拶だけのつもりがそのまま深夜まで。

3時半で終了、皆は2次会へ。
僕は実質3次会(いやライブ中にけっこう呑んでたので4次会くらい、、)なので
ひとり別れる。


で、電車もないし、タクシーのお金もないので神泉駅の入口で


寝る。


地べたに。朝まで。


いやぁ、夏だなぁ!!
posted by 残像カフェ大森 at 06:43| Comment(5) | TrackBack(1) | SOLO WORKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月17日

月見ルで偏西風

月見ルで弾き語り&偏西風でした。

【弾き語り】
 1.きみは涙空(新曲)
 2.あたらしい日々
【オオモリゲンキと偏西風】
 3.恋する二人(新曲/偏西風では初披露)
 4.OCTOBER2004(偏西風では初披露)
 5.星祭り
 6.生活の柄(高田渡カバー)
 7.めくるめく僕らの毎日

新曲あり、そしてテロのあとということで
(というかそのタイミング以外にも歌い続けなければならないのだが)
「OCTOBER2004」と「星祭り」を歌いました。
「OCTOBER〜」は弾き語りでしかやってなかったけど偏西風バージョンも
なかなかイメージがふくらんでよかったです。
(キョーコさんがブログに書いてくれてます。)

 ■

お知らせ

●あさって7/18は、弾き語りでやりますが数曲寺尾さんにも参加してもらえることになりました。

●7/28は、新ユニットで登場する予定。詳細はまだ未定ですが、面白いことをやりたいなと。

●8/5ですが、残像のスケジュールページ、および一部告知にて、「残像カフェ」の表記がありました。が、連携ミスです。編成は現在調整中です。大変申し訳ありません。

posted by 残像カフェ大森 at 02:53| Comment(0) | TrackBack(0) | SOLO WORKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月16日

スマトラチャリティー@7th FLOOR

先日7/13@7thFLOORの南風セットリスト。

1.忘れる季節/南風
2.生活の柄(バージョン変えました)/高田渡
3.そら/ビューティフルハミングバード
4.ウララカ/大瀧詠一
5.流線型/ 〃 (南風ver初披露)
6.きみの歌/南風
〜ビューティフルハミングバードによる住友林業CMソング生披露〜
7.この街へようこそ!/オオモリゲンキ(南風ver初披露)

5月以来の8人編成、しかも7曲なんて南風では初じゃないですか?
1時間ちかくやっていたような。
新しい曲にも挑戦しました。
楽しかった。
もっともっと、この楽しさが、演奏者だけじゃなくて、
観ている皆さんにも広がっていくような、
ステージにしたいです。
今度は(タバティは調整中ですが)このメンツで大阪でやります!
遠足気分で、各駅停車で行きますよ!!
posted by 残像カフェ大森 at 01:24| Comment(1) | TrackBack(0) | SOLO WORKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月13日

月見ル君想フで弾き語り

image/zanzow-days-zanzow-2005-06-13T00:20:00-1.jpg
スタッフと出演者だけ食べられるまかない。
(日替わり/有料)

今日はおんたま入り醤油風味うどん。

なんか久しぶりに食べた味で、実家とか思い出した。
鳥肉とごぼうの味が効いてて、家庭料理っぽい。
讃岐うどんブームの影でこの味、忘れてたなあ。
今度自分で作ってみよう。


ライブは、4者四様の世界観で、色々なパワーを感じることが出来た。

ぼくも久しぶりの「きみの生まれたところ」をやったり、
「9時のニュース」ではピックがボロボロに欠けたり、カバーもありで、楽しみました。

来て下さった方、ありがとう。

1.きみの生まれたところ
2.六月
3.I remember you
4.9時のニュース
5.制服(吉田拓郎カバー)
〜リクエスト&思い付き〜
 6.素敵日和
 7.コーヒーブルース(高田渡カバー)
8.夕暮れ時
9.あたらしい日々
posted by 残像カフェ大森 at 00:20| Comment(8) | TrackBack(1) | SOLO WORKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月11日

nicoにて弾き語り

駒沢のnicoというカフェで弾き語り。

1.雨が空から降れば(小室等カバー)
2.梅雨入りのニュース
3.朝
4.六月
5.夕暮れ時
6.あたらしい日々

梅雨入りのニュースの流れた日に
梅雨入りのニュースを歌った。

この曲は、先日初めて披露して、今日で2回目だったけど
実は2年前の6月に作った歌。
「九州では梅雨に入ったそうで、、」と歌い始めるとおり、
九州で梅雨入りした日に作った歌。
ところが、今年は九州よりも関東のが早かったみたいです。
午前中に関東が梅雨入りして、午後になってから九州が梅雨入り。
南から来るくるものだとばかり思っていたら。

カフェライブって初かも。
(3年前にス○バではやったけれど)
カフェの雰囲気の中で歌うのもなんか楽しかった。
いつもより静かに歌ってみたり。
「雨が空から降れば」(カバー)を1曲に持ってきたり
(歌いながら天井にあたる雨の音が共演)
「朝」や「六月」なんてえらい久しぶりの曲もやってみた。

競演も楽しくて。
ヨエコさんのとき以来再会の、モダーン今夜からの3人ユニット「黒猫船」、
バラードはしみじみと、テンポある曲はソウルフルで。
そしてボサノバデュオ「naomi&goro」のおふたり。
大学のとき僕はジャズのサークルにいたので、ボサのスタンダードを聴いているうちに
いろいろなことを思い出してしまった。血騒ぐ的な。
ボッサの歌い方っていいなぁっていつも思う。

 □

さぁ、明日もライブです。
青山月見ル君想フというライブハウス。
先日のグッドマン同様、ちょっと多めの時間、たっぷりゆっくり弾き語ります。
ぜひぜひ。
posted by 残像カフェ大森 at 12:32| Comment(2) | TrackBack(0) | SOLO WORKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。