2005年08月14日

いつもの朝に

050814.jpg

「ちょっとだけ」

いつもと同じ
いつもの朝に
ちょっとだけ
立ち止まってみたら
立ち止まってみたら

息を吐いたら
そして吸ったなら
ちょっとだけ 
楽になったみたい
楽になったみたいだ

 相変わらずの日々だ 相変わらずの僕だ 何も変わらない
 朝っぱらから疲れた顔をして 歩きたくはないけれど
 ――そんな朝に僕は

いつもと違う
ものを探すのさ
ちょっとでも
見ようとしてみたら
何かに出会えるかな


 相変わらずの日々だ 相変わらずの僕だ 優しくもなれない
 眠ってるかのような白い顔をして 怒りも嘆きも殺す
 ――そんなこと考えてたら

道を間違う
道を間違えた
でもちょっとくらい
遠回りしたら
何かに出会えるかな

 たとえば
 空模様とか 花のつぼみとか
 mmm...
 人知れず 僕を待っていたんだ


 ♪


理想を歌にして何が悪い
理想があって、現実があって
そのせめぎ合いで成長があるのだ。

いついでもポジティブに
いる必要もないし、それじゃ疲れちゃうけど
そうありたいと思う気持ちも大事な気がする。
 

 夜更かしはつらい/なぜって朝が来ない/血の味がする

と某氏のフレーズですが。
朝に、
そこにいた人にだけ、贈られるものが、ある。

光とか、色とか、匂いとか、温度とか、風とか。
ほらまた使い古された単語がいっぱい出てきたけど
本当にそう思うから仕方がない。
posted by 残像カフェ大森 at 07:56| Comment(6) | TrackBack(0) | SONGS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏フェス!(そしてコール&レスポンス)

セブンスフロアでお祭りでした。
・寺尾仁志@コール天(弾き語り+出演者全員セッション)
・荒井と市川(サニーズ荒井さん+ツキホトトギス市川さんユニット)
・iro
・キオクノオト佐野さん+iro石井君ユニット
 (雨の音をRECした音に合わせて演奏し始めた途端夕立!)
・ラントスター高津さん+倉本さん+坂さんも飛び入り
・オオモリゲンキと偏西風
・出演者全員でセッション(キョーコドラム)サマーソルジャーボーカル回しつつ。


■オオモリゲンキと偏西風セットリスト
1.4月のことば
2.夏の思い出〜恋する二人
3.自転車に乗って/高田渡
4.アイスキャンディー
5.ちょっとだけ
6.この街へようこそ!


本番前はお酒を飲まないことにしてるので、最後までずっと我慢してたけど
朝からテンションがずっと高めで、エレベーター事件などありつつ、
それくらい楽しいイベントでした。

終演後は、我慢してた分、多めにお酒をのんで
ちょっとはしゃぎすぎたけど、いま気持ち悪くないので
多分二日酔いにもならなかったのでしょう。
めでたしということで。

いやぁ本当に楽しかった。
若干、出演者のほうが楽しみすぎ(?)だった心配は残るが、
心から楽しめるイベントというのは最高なことだ。
そこから先は、参加するアーティストの意識にかかっている。

出演者が楽しんでいるのを見てもらうこと、
出演者とお客さんが一緒になって楽しむこと、
そのどちらにも答えはあるような気がする。





僕がリスナーの立場で、ということで話をすると
コール&レスポンスや、手拍子をうながすことは
一概にアリ・ナシでは言い切れなくて
この人がやるのはアリ、あの人がやるのは寒いとか
そういうふうになるかな。

高津さんや寺尾さんに刺激されて、
僕も初めて挑戦してみたけれど(協力してくれた皆さんありがとう)
...
今日から始まるのだな。

僕がやるコール&レスポンスが、将来的にアリでもナシでも
やってみてから決めようと思った。
やってみなければ分からないって思ったし、
最初から上手くはいかないとも思うし、
いつかみんなで楽しめたらすごいことだと思った。

(そしてやりたくない人まで強引に参加させることへの嫌悪感は
今までも、多分これからも、すごくあって。
でも論点はそこではなく、
みんなが入り込んでいきやすいライブにすること
そのうえで、やりたい人はやれて、やりたくない人はやらなくてよくて
そんなのが、いいなぁ。)


ということで踏み出してみたわけです。

目をつぶって歌うくせや
天井を見て歌ったしまうくせや、
コール&レスポンス以前の課題もある。

いい演奏をすること、
演奏者どおしが会話し合うこと、
ステージとして成立させること、
そして、
ちゃんとお客さんと「向き合う」こと。

正直、怖かった。
でも、楽しい時間と、いろんなものに上げてもらったテンションとで
その恐怖に立ち向かう。
もしかしたら、恐怖など感じない人だけが
やって様になる人なのかも知れないが、
とにかく、
逃げてはいけないのだ。
目をそらしてはいけないのだ。

手拍子の曲のときの高津さんは、右から左へ、
ハーモニカをくわえながら睨むように(睨んでないけど)
ぐぐぐぐって全員の顔を見てたな。
そのシーンが、ものすごく印象に残っている。
posted by 残像カフェ大森 at 07:38| Comment(3) | TrackBack(0) | SOLO WORKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。