2005年08月13日

KUMORIGURE.jpg

雷雨の前にした洗濯を、いま干してたら
外はずいぶんと涼しい。

温度のせいなのか、雨のせいなのか
ちょっと秋の匂い、今年初めて感じてしまった。

そういえば、去年8月に大塚でライブやって朝まで呑んだ明け方、
雨で、めちゃくちゃ寒くて。
すずしいとかのレベルじゃないくらい。本気で寒くて。
まだ8月なのにもう秋?って寂しくなった思い出あります。

と、手帳で調べてみたら8/14。
ほぼ丸1年。
そういう時期なのかな。

多分、去年も今年も、また暑さは戻ってくるんだろうが
去年と違ってまだツアーにも行けてないし、
夏をもっともっともっともっと満喫したい。しなくては。

なので明日は大いに歌って、大いに呑むぞ。
posted by 残像カフェ大森 at 02:52| Comment(1) | TrackBack(0) | DAYS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

GOOD DAY SUN SHINE

AMEAGARI.jpg

苦戦してた曲の、突破口が見つかったような気が。
まだ決断しきれないではいるが、どうやら今まで作った20個くらいのどれよりも
グッと来てる。これは来たかも。

もうひとつの「あとで直す」と言ってた曲も、
大幅に改作。2/3くらい変えて、明日もし時間があったら歌詞を直そうと思う。
でも明日はお祭り騒ぎできっとそれどころじゃないんだろうな。

 ♪

というわけで明日、時間のある人はぜひ渋谷セブンスフロアに!
きのうのように70分とかってわけには行かないけれど
すばらしい仲間の演奏がたくさん聴けます。
寺尾さんは1番目で、それには僕も数曲だけ参加したりするし、
最後にはきっと何かがあることでしょう!
夏だ!ビールだ!お祭りだ!っと本当にそんな感じで
ぜひお越し下さい!!
posted by 残像カフェ大森 at 02:35| Comment(4) | TrackBack(0) | SONGS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「真夏の焼けた肌の僕に君は驚くだろうか」

曇り空.jpg
(※今日の写真ではない)


 どこか遠くで鳴り出す雷

と、「アイスキャンディー」の中で歌う。

実家のある栃木は雷が多いことで有名で、
夏には夕立がない日のほうが珍しいくらいの(言いすぎ?でもそんな記憶が。)
雷の多さでした。


なので結構慣れっこで、
何もない田んぼ道を雨に打たれながら自転車で爆走とかしてた。
本当は超危険だよね。

あと、遠くで雷があると、
音は聴こえないのに光だけずっと光ってるとか、
けっこう印象に残っています。
東京で雷や夕立があると、妙に懐かしくなってしまう。


実家になかなか帰らないくせに
ふるさとの歌をたくさん書いています。
もちろん、個人的な思い出にとどまらず、
みんなの心にあるふるさと感みたいなものを形にできたらなと。

だから「アイスキャンディー」も特に栃木ってわけでなく。
というか海のイメージなんだけど。栃木に海ないし。


 ♪


「アイスキャンディー」

あぁ いま僕は思い出す
君といた夏を 
君といた夏を

アイスキャンディー 恋の味 思い出す
懐かしい唄 
甘酸っぱいメロディー

どこか遠くで鳴り出す雷 夏の君の姿 まぼろし

真夏の焼けた肌の僕に 君は驚くだろうか
9月のまだ暑いあの町へ 僕は戻って行く


どこか遠くに置き去りにした 夏の光はもうまぼろし

真夏の焼けた肌の僕に 君は驚くだろうか
9月のまだ暑いあの町へ 僕は戻って行く

真夏に、最後に見た君は どこか遠くを見ていた
9月のまだ暑いあの町へ 僕は戻って行く


(著作権登録後は削除予定)


zanzow-days-zanzow-2004-08-10T23_37_34-1.jpg
posted by 残像カフェ大森 at 02:21| Comment(0) | TrackBack(0) | SONGS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。