2005年08月08日

世界を見渡す丘で約束を。

!cid_A0001-02.jpg

solamo-lens360°(ソラモレンズ)のライブを観に行く。

しばらくライブをお休みするというのでちょっと心配して行ってみたら
全然変な感じはなくて、次のアルバムに向けて
(そしておそらく第一子誕生のこともあり)
ちょっとだけライブを休むだけのようだった(であることを祈る)。

いつも予定が合わなくて、ずいぶん観ていなかったけれど、
メンバーもリラックスしていて、いいライブだった。
曲も知らない曲も増えていて、とてもかっこよかった。

どうしても、「ひねくれたコード進行」とか「卓越したメロディーセンス」とか
そういう感じで評されることが多いんだろうし、
僕もそういうところ、すごいなぁって思っていたのだけど
もっと、そんなにとっつきにくい感じはしてなくて
普通に、何も考えなくても楽しめるライブだった。

あと思ったのは、やっぱり戦っているな、と。
あたらしいもの・どこにもないものを作る、という意識がすごい感じられて、
かっこいいなと思うと同時に、気力や体力のいる作業なんだろうなと。
で、自分を振り返ったりして。
すごく共感するんだ。
僕はフォークとか、昔の音楽とかすごい好きだし、
それを受け継いで行く――といったらおこがましいけど
リスペクトしていくことはすごい大事なことだと思っているけど、
それと同じくらい、あたらしいものを作っていきたいとも思っていて、
それは、もっともっと頑張らないとなって思った。
(最近ひとりになってさらに原点回帰傾向が強まっているので。
まぁそれは悪いことではないんだけれどもね)
そういうことを色々と思わせてくれたライブだった。

とはいえ、くり返しになるけど、
そういうこと抜きにして馬鹿になってもいいライブだったなぁ!
いろんな人に会えて、それもよかった。


追記。
着いたときには、吉井さんのソロユニットが演奏していて、
両わきが鳥羽さんと西池さんで、その3ショットは相当迫力があった。
posted by 残像カフェ大森 at 01:54| Comment(1) | TrackBack(0) | DAYS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いろいろとあたらしい日々

!cid_A0001.jpg

どうにも調子わるかったカメラが完全に壊れたのが1ヶ月くらい前。
この前東京駅に行ったのはその修理の見積もりを出してもらうためだったのだけど
もう部品がないらしく、ほぼ同じモデルをきのう、購入。

微妙にバージョンアップ機で、
前のやつには「2000」の文字がない――
・・・だけではなくて、シャッタースピードや、貼ってあるラバーの質感や、
いろいろバージョンアップしてる。

ファインダーの見え方も、多分。
今までのやつは、超激安の中古品(委託品)だったので
ファインダー超見えにくく、ピント合わせるのがめちゃくちゃ難しくて。
今度のはバージョンのせいか状態がいいからなのか
すごくよく見えて、撮る楽しみ倍増です。

ここ1ヶ月間思うように撮れなかった分、またたくさん撮っていこうと思う。


そして、携帯もここ数か月瀕死の状態で、やっと変えました。
(番号・アドレス変更なしです、私信で失礼)

5cmまで接写が出来るらしい。
そのほかの機能はどうでもいいんだけど、
それに惹かれてちょっと高いやつ買っちゃった。

今までは、撮ったはいいが、縮小しないと送信できなかったのだけど
大きいまま送れるようになりました。
逆に観れなくなった人、たくさんいるかな。

ともあれ、これからはもうちょっと写メールも撮って
出先からでも更新できるように頑張ります。
お楽しみに、ということで。
posted by 残像カフェ大森 at 01:47| Comment(0) | TrackBack(0) | DAYS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。