2005年07月26日

きみが空にのぼってしまう夜(2)

そうだった、スタジオの前に、
その新曲の歌詞を改めて書きなおしました。

タイトルからも分かるとおりの、
歌にするにはやや難しい題材。

スガシカオ氏の曲で「木曜日、見舞いにいく」という曲がありますが
僕は人生のいろんな場面を歌にしていきたいと常々思っているので
―そしてそう言いつつ、今までCDになっている曲は結局恋愛の歌ばかりなので
思い切って書くことにした。

今年になってから、いろいろな人が亡くなっている。
その人たちへの思いと言っては恐れ多いし、身勝手でもあるし、
まだそんな歌は僕には書けないと思う。
けれど、そういった人たちが、この歌を書かせるきっかけを作ってくれたと思ってみれば
純粋に、書いてみる気持ちになれた。

キョーコさんのブログでも書かれている、奥山貴宏氏の言葉ではないけれど、
それでその人をいつまでも思い出せるとしたら、
それはそれで、書いた意味があったと、思いたい。
もしかしたら、遺族やもっと近しい人達の悲しみを蒸し返すのではないかと、
真剣に悩んでいる。
なのであとで封印したり、CDには入れなかったりする可能性もあるけれど、
それはまた、ちゃんと形にしたあとで、あらためて考えることにしようと思う。
とにかく、形にしよう。

posted by 残像カフェ大森 at 01:22| Comment(1) | TrackBack(0) | SONGS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東へ西へ

スタジオにて、昨日できた曲の詰め作業と弾き語りREC。
細かいメロディーの直しはまだもうちょっとくり返して、納得のいくものを探そうと思う。

その他にも、出来かけの曲の弾き語りREC。こちらはちょっと若い感じがするので
恥ずかしかったらやめます。
恥ずかしくてもいいんだけどね。
自分が歌うのに無理があったらやめる。
歌に、歌わされては歌う意味がない。



ただの夕立かと思ったら台風きてたんですね。
夕方、家に戻ったとき思いっきり洗濯してしまった。
いま家のなかの湿気はすさまじいものがあります。



この前の地震で思ったことは。

地震そのものの恐ろしさ以上に、
巨大地震でなくても、東京はあんなに交通マヒしてしまうのかということ。

友人たちからは、大人の怒鳴り合いや、ホームや階段にあふれた人々のことや、
動かない電車内にずーーーっと待たされたことや、
地震のあと、ずいぶん経ってもなかなか正常ダイヤに戻らなかったことや、
いろいろ話しを聞いて、
(もちろん揺れが震度5とかっていう場所もあったけれど)
これくらいの地震で、こんなに乱れるなんて思っていなくて、
そっちのほうがびっくりした。

本当に巨大地震が来たときに、東京は一体どうなってしまうのかと。
ちょっと不安になりました。



この間、練りゴマなるものを初めて買ってきた。
ゴーヤとオクラと鶏肉を茹でて、練りゴマとポン酢で和えると
簡単で、おいしくて、栄養もあって、胃も疲れない素晴らしい料理が出来ます!
(さらにお酒にもよく合う!)
豚肉・みょうが・青じそ・お豆腐などを加えても美味しい!
posted by 残像カフェ大森 at 00:39| Comment(1) | TrackBack(0) | DAYS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。