2005年05月30日

爆音歌声喫茶@秋葉原GOODMAN

きのう秋葉原GOODMAN来て下さった皆さまありがとうございました。
ゆっくり・たっぷり、楽しく弾き語りすることが出来ました。
本当にありがとう。

1. 下り坂道[ボサ風ver]
2. あたらしい日々
3. 雨の風景(新曲・初披露)
4. アイスキャンディー(新曲・初披露)
5. 9時のニュース
7. 日なたにて
8. コーヒーブルース(高田渡カバー)
9. 恋をした(新曲・初披露)
10.I remember you(新曲)

ということで、4曲新曲(うち3曲初披露)やりました。
あ、コーヒーブルースも初だった。
とても楽しく演奏することが出来たし、マイペースというか、とてもリラックスしてあの空間を楽しむことが出来ました。お客さんも、耳を傾けてくれたり、笑ってくれたり、楽しんでくれた人が多かったと思います。
本当にありがとう。

明日はバンド編成の南風!
これもまたすごいからお時間のある人はぜひ!
posted by 残像カフェ大森 at 14:37| Comment(6) | TrackBack(0) | SOLO WORKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月28日

JUKEBOX@ベースメントバー

ベースメントバーにシークレット出演してきました。

「JUKEBOX」@ベースメントバー
O.A:overall+/音速ライン/オオモリゲンキ/フーバーオーバー

1.下り坂道[ボサノバ風?vers・初披露]
2.白い夏[スリーフィンガーvers・初披露]
3.リクエスト→(素敵日和、9時のニュース)
4.I remember you[新曲・2回目]
5.あたらしい日々

楽しいイベントだった。いい出会いと、いい再会とがあった。
(ある人を覚えてなくて失礼もした。)

 □

さて、今日は個人練のあと、南風のリハ。
今日のリハ、僕はいけないはずだったけど、予定変わって参加できることに。
全員そろいます。

その前に明日の秋葉原グッドマン。
下でも書いたとおり、初披露の新曲をたくさんやります!
それから、昨日試みたように、今までの曲もアレンジを変えたり、
いろいろやってます。たくさん練習していきます。

明日グッドマン、ぜひぜひぜひぜひ観に来て!!
posted by 残像カフェ大森 at 11:24| Comment(2) | TrackBack(0) | SOLO WORKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月27日

アジサイサイタ

image/zanzow-days-zanzow-2005-05-27T18:51:16-1.jpg
posted by 残像カフェ大森 at 18:51| Comment(3) | TrackBack(0) | DAYS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「レッドカーブの思い出」

夜に聴ける音楽ってありそうで少ない気がする。

僕の場合、うるさいのは夜には聴きたくなくて。
で、ジャズやボサノバを聴いたりすることが多いのだけれど、クラシックもそうだけど、
急にでっかくなったり、ノリノリになったりするからすぐ疲れてしまう。

で、ほとんどの夜を無音で過ごしている。
それもまたよいよ。
この前の話しじゃないけれど、雨の音や遠くに聞こえる街の音を聴くのも、
また心が休まるもの。


で、ひさしぶりに夜音楽聴いてます。
レイハラカミ「レッドカーブの思い出」。

くるり「ばらの花」や小坂明子「あなた」のリミックスでお馴染みの、
テクノ〜エレクトロニカ系のアーティストだけど
電気音なのに、音がね、なんか優しくて好きです。
これは夜の心に寄り添ってくれそう。

と書いてたけど5曲目がちょっと元気よいな...。
でもオススメですよ。

4935228989706[1].jpg


カンパチのお刺身・炙ったパプリカ・トマト・大葉・水菜でサラダを作った。
ドレッシングも自分で作った。(しそ油・ごま油・しょうゆ・マヨネーズをインスピレイションでブレンド)

にしては旨かった。

image/zanzow-days-zanzow-2005-05-27T00:38:09-1.jpg
posted by 残像カフェ大森 at 00:53| Comment(2) | TrackBack(0) | SOLO WORKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月26日

新曲たくさんやります!

5/29、弾き語り@グッドマン、いよいよ迫ってきました。

曲作りモードからライブモードに切り替えなくては。。
というか両立します!


グッドマン自体ひさしぶりだし、いつもの弾き語りより少し時間がたっぷりめにあるので、
新曲もまとめて初披露しようかなと思ってるし、
今までの曲もあれこれやろうと思っています。
リクエストもしあったら前もって受け付けますよ(応募多数の場合は抽選になるかも(?!)ですが)

ちょっと遠いけど、そのかわり駅からは近いし、音もいいし、ドリンクもたくさんあるし、
ぜひぜひ観に来て下さい!!!

http://clubgoodman.com/
posted by 残像カフェ大森 at 01:02| Comment(2) | TrackBack(0) | SOLO WORKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プログレます

僕の携帯からは見れてるけど、皆さん大丈夫かな?
っていうか、携帯からだとデザインチェンジも何もないですね。
(PCの人はすっかり新緑の季節です。ってもうすぐ梅雨だけどね)

 □

去年の夏から作り続けてる曲があるんだけど、
一応、完成はしてて、でも何かしっくりこなくて。
で昨日眠る直前に、「あっ!」って思い付いた。

プログレにしてしまおう。

ということで、夜になってからでしたが今日リメイクすべくあたらしいメロディーや、リフや、いろいろ作ってみた。イメージは昨日寝ながら(?)作ってあったので、今日はわりとスラっと出来た。

これをこれからいろいろと練っていきます。また壊したり組み立てなおしたりすることでしょう。
っていうか何分の曲になるやら。
Aメロ、Bメロ、Cメロ、Dメロ、Eメロ、、、どこまで行くんだろう、、、
うまく行くかな。
posted by 残像カフェ大森 at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | SONGS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月25日

「ちょっとだけ」

画像つきのデザインだと携帯の人みれなくなるかな?(戻すかも)

 ○

>どうしたことだろう、身体の調子がいいからかな
って書いたけど、多分、それよりも何よりも曲や詞がすんなり出来たってのが一番の原因だと思う。
曲が出来る日は、全方向に渡ってエネルギーが満ち溢れているような気がする。

今日は、行き詰ってるというわけではないけれど、それほどよくもない日。

★きのう詞を書いた曲を、実際に歌ってみたらイマイチだったのと、あちこちメロディーが保留にしてあったので、それを詰める作業。小一時間、その作業に費やすがまだまだ不完全。

★イントロだけ思い付いた2曲はまだ手をつけぬまま。

★歌いれの続き。得意でない音域ということもあるがあまり進まない。

いろいろなことがとっちらかっていて、どこから詰めていいのかもよく分からず、
ぜんぶ進んだような、ぜんぶ進んでないような。

まぁいいさ、そんな日もあるんだ。季節は戻って進むと、自分で言ったばかり。
雨の風景を眺めたり、雨の音に耳をすませたり。なかなかしないことだけれども、そういう余裕というか、心の持ちようというのはすごい大切な気がする。

「雨の風景」、今日みたいな雨の中でフィールドレコーディングしたいなぁ。
屋根のあるベンチ、雨の公園、そんななかで歌ったものをアルバムに入れたら素敵だろうなぁ!

posted by 残像カフェ大森 at 00:53| Comment(1) | TrackBack(0) | SONGS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月24日

FIELD(仮)

■自宅。
HDDレコーダーの容量がいっぱいなので、去年のデモ3曲を消去。
消去する前に、ミックスしなおして、ポータブルHDDにトラックダウン、
そしてCDRにバックアップして消去。

去年かおととしのデモがあった。あのときは全然ダメだと思ってた曲(の断片)が
ちょっと新鮮に聞こえた。工夫すれば生まれ変わるかも知れない。


■スタジオ。
新しく作った曲、歌詞を直した曲にそれぞれ歌いれ。

バックアップ〜消去がいけなかったのか、かけ録りのエフェクトの保存設定が全部昔のやつに戻ってしまっていた。録音物に影響はないのだが、せっかく良い感じで作っておいた設定(たとえば、歌をとるときにはこのエフェクトの、この数値、っていう保存が何パターンか作ってあったのだ)が消えてしまったので、設定し直し。うまい設定が見つからず、苦戦。

録音のほかに、編集作業もあったので時間ぜんぜんなくなり、今日は仮うたで終了。無念。


■某コーヒー店にて。
数曲の歌詞の詰め作業、そして、新曲の歌詞もかく。
そろそろアルバムの曲順なんかも考え出して、こういう曲が足りないとか、ここにこういう曲があったらいいなとか、考え出す。
今日、あらたに「こういう雰囲気で書こう」っていうのが2曲思い付いた。どっちもまだイントロしかないけど。早く作りたい。


■この前バンドで鍵盤ひいてくれたやなさんこと柳沢君ひきいるウィリアムのライブに呼ばれ遊びにいく。何回かニアミスしたり、対バンもしたけど、ちゃんと腰をすえて最初から最後まで見るのは初だった。いい歌を書くなぁ。アレンジも、ストレートさとドラマチックさが両立していて、好感が持てた。スーツ姿がかっこよかった。


■洗濯物をほしたまま出かけるといつも雨。今日も、先日の雷の日も...。


■たまっていた仕事を次々と片付けていく。
メール返信(まだ全部は終わらず、待ってる人ごめんなさい!)、事務所への連絡&相談メール、スケジュール調整、リハ音源をメールで送信、デモ音源も送信、南風のセッティング図作り...そして料理と食事と後片付けもね。
ずぼらだったり、多忙に負けたり、1つのことに集中しすぎたり、そんな時期もあるけれど、今日は全部紙に書き出して、チェックしながら次々とこなしていく。気持ちいいもんだね。
どうしたことだろう。身体の調子がいいからかな。
posted by 残像カフェ大森 at 01:30| Comment(1) | TrackBack(0) | DAYS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月22日

雨の風景

image/zanzow-days-zanzow-2005-05-22T19:41:52-1.jpg


「雨の風景」


雨の日が続いて 
僕たちは会えない 遠くまで見えない
仕方ないことかな 仕方ないことかな

グレーに染まる空 笑ってはくれないよ
永遠につづくみたいに

すばらしい日はつづかないね
でも あぁ雨もいつかやむよ
だから今はそんなに焦らないで
雨の風景を眺めていよう


ブルーに沈む日は 笑ったりしなくていいよ
答えなど探さなくていいよ

すばらしい日はまた来るよ
季節は 戻って進むよ
だから今はそんなに焦らないで
雨の風景を眺めていよう

雨の風景を眺めていよう



続きを読む
posted by 残像カフェ大森 at 19:41| Comment(5) | TrackBack(0) | SONGS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月20日

スケジュール調整中

image/zanzow-days-zanzow-2005-05-20T20:43:22-1.jpg

楽しいこと、いろいろやりたいねぇ!
posted by 残像カフェ大森 at 20:43| Comment(2) | TrackBack(0) | DAYS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アイスキャンディー

というのは、最近できた曲のひとつ。
この前かいた、スタジオの時間が迫っていて、即興で考えた詞で録音した曲。


詞だけで見たら、もっとよいものがそのあと出来た。けれど、どうにもメロディーや雰囲気にそぐわない気がする。やっぱり、ということで、即興のインスピレイションで作ったやつを書き取って、そこから膨らませていくことにした。

しかし問題発生。Aメロとサビの歌詞で、どうにも矛盾が。(具体的にいうと、Aでは「君といた夏」、なのにサビでは「夏の間は君に会えなかった」ことを示唆するセンテンスになっている)でも、両方活かしたくて。時間軸をいじってみたり、Bメロで工夫したり、いろいろやってみてる。

自分で書いた言葉なのに、これはどう解釈すればいいんだ?みたいに、研究というか分析している。ただのつじつま合わせなのかも知れないが。でも、そうやって、ぐるぐる回っているのは案外嫌いではない。

あとは、そもそも最優先させた「曲の雰囲気」をどこまで壊さず、むしろ膨らませることが出来るか。まだ完全に完成には至ってはいないけれど、あれこれやっています。

 ○

作りかけではあるけれど、何人かの人にデモを聴いてもらって。感想などもらうと、物凄く嬉しいし、参考にもなる。前にも書いたけれど、作ってる本人には分からないことはたくさんあるのだ。

そういう意見に耳を傾けるということは、自分を曲げることとは違うと思う。そのひとつが、―葉谷くんが書いてくれた中にもあったけれど―「わかりやすさ」だったりする。

たとえば、楽しいことがあって、それを人に話す場合、話す順序が支離滅裂だと伝わることも伝わらない。それと同じで、ちゃんと聴き手を物語のなかに導入できているか、最後まで飽きさせずに聴いてもらえるか、説明的にならず感動させられるか。同じ内容を歌にするのでも、それをちゃんとやっているのと、そうでないのとでは、伝わり方に雲泥の差が出る。

それを、芸術じゃないとか、媚びてると思うならそれもいい。でも僕はみんなに伝えたいことがあって音楽をやっているし、それは共有できるものならしたいと思うのだ。だから、僕はその努力を惜しまない。昔はそういうことはちっとも分からずに、一人よがりな曲ばかり作っていた。つきはなすかっこよさはあったかも知れないが、今の僕にはその道は通りたくはないなぁ。


そういうわけで、製作中のデモを、何人かの人に聴いてもらう。感想は―それがビジネス的なものであれ、個人的趣味によるものであれ―それを言ってもらえることは、本当に参考にもなるし、気づくことは驚きをもたらすし、それ以前に、曲を作るということそのものの原動力にもなる。感想やリクエストをもらうとやっぱり今度はどういう曲にしようかとか、やる気が俄然わいてくるよね。(もし誰も聴いてくれる人がいないとしても、多分曲作りはやめないだろう、でも作る曲の数はやっぱり減るのだろうなぁ。)

書き込みや、メールや、アンケートの文章も同じです。無理して書いてくれることはないけれど、確実に励みになるし、参考にもするし、それ以前にただただ嬉しいのです。そしてね、逆に言うと、感想を言いたくなるような、音楽や演奏を、僕らは作っていかなければならないということなんだよね。
posted by 残像カフェ大森 at 01:44| Comment(0) | TrackBack(0) | SONGS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月19日

ZERO-POSITION

写真家・葉谷大紀くんのHPのトップに僕の写真が使われています。
まめに更新されるのですぐ変わっちゃうかもですが。

とても嬉しい文章を、添えてくれています。

僕の周りや、知り合ったことのある人々の中で、
葉谷くんほど、自分の作品や、自分の活動や、そして自分について
真剣に悩み、真面目に向き合って、苦悩して、
それを形にしたり、曝け出したりしている人を僕は他に知りません。

そして、
僕がいろんな壁にぶち当たったときや、ぶち当たりそうなその直前に
いつもとても誠実なメールをくれて、僕を助けてくれる。
そんな人です。

http://homepage3.nifty.com/zero-position/index.html
posted by 残像カフェ大森 at 00:34| Comment(2) | TrackBack(0) | DAYS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月17日

夕暮れセンチメンタル

というイベント名にちなんでセンチと夕暮れやりました。
カードボードのみんなとはけっこう前から仲良くしてもらってて、よくイベントとか誘ってくれたり、別のイベントで競演したり。彼ら、ここ1年くらいで何十倍もパワーアップした感があって今日もえらいかっこよかった。

栃木以来のサンプリングサン、2年半ぶりのセツナブルースターとも再会し、楽しいイベントだった。アベジュリーさん(今日はDJとして登場)に似てるとときどき言われます。(今日も言われた)写真とってもらえばよかったなぁ!


1.センチメンタルの頃
2.夕暮れ時
3.9時のニュース
(リクエスト:日なたにて→へろへろで御免なさい!)
4.I remember you(初披露 新曲)

あ、新曲やりました。エバーグリーンって言ってたやつ。
さわやかな歌だから、もっと何気なく、鼻歌みたいに歌えたら、もっといい感じになりそう。対照的に、9時のニュース(→奈良の女児誘拐殺人事件を歌ったもの)はいつになく熱くなりました。エンケンさんを思い出したと言われて、恐れ多いですが嬉しかった。

さあさあ、他の新曲も、どんどんやっていきます。
posted by 残像カフェ大森 at 06:18| Comment(2) | TrackBack(0) | SOLO WORKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月16日

雨に降られて彼らは風邪をひきました

>みんなも風邪、、
て書いたけど僕はひいてません、まぎらわしくて失礼。

昨日作った煮物にお豆腐と玉子をおとして食べました。
あったまった。

なんか冬みたい。
早く夏が来ればいいのに。
posted by 残像カフェ大森 at 00:28| Comment(1) | TrackBack(0) | DAYS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

春雷

という曲を大学時代に書いたことがあります。
「春の嵐がぁ〜」と叫ぶ。昔はよくシャウトになりきれない叫びをよくやって空回りしてました。


洗濯物を干して、めずらしく植物もベランダに出して出かけたら、すぐ雨が降った。
スタジオにこもってたので気づかなかったけれど雷もすごかったらしいよね。
中央線は遅れてたし、井の頭線の電光掲示板が消えていた。


早起きしてデモREC

スタジオで明日のリハ

吉祥寺でミーティング

南風曲決め

南風リハ

あっという間に一日が終わってしまった。暑くなって、すぐ寒くなった。
みんなも風邪ひかないようにね。

8人ジョージョンの南風は結局1回も全員そろわぬまま本番を迎えますが、
それはいつものことで、今回も、本当すごいことになりそう!
とにかく楽しい曲、とことんディープな曲、いろいろあって素晴らしいです。
是非、5/31は観に来て下さい。


さて、明日は久々に1人で弾き語ります。
そんなに時間は多くはないんだけど、弾き語りでは珍しい曲と、
あと新曲もやろうかななんて思ってますよ。
出番はトップです。お暇な方、ぜひぜひ。
posted by 残像カフェ大森 at 00:12| Comment(1) | TrackBack(0) | SOLO WORKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月15日

「私の青空」

・ゴッホ展に行った(間違って上野に行った)
・「タカダワタル的」を観た
   →どちらもすごくすーごく感動した。あとで追記します。



・デモ作りも大詰め。スタジオで歌録り。うち1曲は歌詞がまだなくて、スタジオの時間が迫っていたのでその場の思いつきで歌った。何故かそれがいい歌詞になりそう。インスピレーションってすごい。

・あと、1st以来となるバンジョー、RECでは初挑戦のアコギスライドを録音。カントリーな曲。素敵日和とか風薫るとかのテンポのカントリーではなく、もっとゆったりとした方向の。とうもろこしとかが出てきそう。

・この前、「ポップなモード」と書いたけれど、それと同時にカントリーが来てます。僕は1stのころからカントリーカントリー言ってて。本格的なやつではなく、フォークの人たちが普通にやってたような、カントリー風味のフォークソング。それは本家の人に言わせればカントリーとは言わないのだろうけど。(グラムパーソンズが、60年代に初めてロックとカントリーを融合させたときにはカントリーの世界から大ブーイングだったそうです)それはいいとして、とにかくそういう、カントリー風味のフォークにはいつも取り組んでいる。もっともっと作っていきたいなと。で、ポップな曲のモードとともに、カントリーの波も一緒に来てるっぽい。しかも今までより少しレイドバックしたようなやつがやりたい。ポップな曲ではレイドバックしないようにしてるのだけれど、一方ではレイドバックしてみる。正反対のモードが共存している。どんなアルバムになるやら。でも意外にまとまるような予感もしているのです。

・新曲に混じって20歳の頃の曲をリメイク。これはどうなんだろう?恥ずかしいのかも?昔の曲って、自分では麻痺してしまっててよく分からないもの。「君の背中」(20歳)「やっぱり会えなかった」(17歳)も過去曲のリメイクだし。チャンレンジしてみる価値はあると思う。

・その「君の背中」系の新しい曲が出来ました。あそこまでは痛切ではないですが。

・作曲・録音は続くのだけれど、並行して編集作業・ミックス作業に入っています。デモだから音やバランスなどは本当はどうでもいいのだけど、せっかくレコーディングしたので。正式のレコーディングのように、部分部分で音量を上げ下げしたり、エフェクトをかけたり切ったりということはしないけど、各パートのバランスと、EQ(音質)と、エフェクトと、定位と、全体にかけるコンプと、一応、ちゃんと作り込みます。

・さっきまた1曲できました。アルバムの最後にぴったりの静かな曲。子守り歌みたいになった。



・今までよりも若い詞も書きたいし、歳とった詞も書きたい。もちろん等身大の詞は書き続ける。もっと自分が出る詞も、それから色んなふうに広がる詞も。いろんな人間がいて、いろんな場所にいて、いろんな人生がある。そんなアルバムにしたいと思うのです。
posted by 残像カフェ大森 at 02:24| Comment(2) | TrackBack(0) | SONGS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月10日

ライブDVD(オムニバス)出てました。

しばらく前にお知らせしていたライブDVD(オムニバス)が4/29に発売になっていました。
こちらのほうに情報が入って来ず、告知が遅れましたことを深くお詫びいたします。

去年12月にロフトで行なわれたライブ映像(何曲かは不明)に加え、各バンドおまけ映像つきです。
残像カフェは、僕がおすすめレコードを紹介してます。あーなんか熱く語ったような。
出来上がりを見てないのでどんなふうに喋ってたのか不明(ちと不安)ですが、
(著作権の関係で音ながせないし!)とりあえず、ライブのほうを観てください!ということで。よろしかったら是非!
DVDになるのは初ですねぇ。何の曲が入ってるんだろう。

ていうかメンバー分あるんだろか。買いに行くか、、、。


ZMBH-2006
日本のロック名鑑(5)

オムニバス 価格 ¥3,360 種別 DVD
(株)メディアファクトリー  発売日 2005/04/29

収録アーティスト
 COMEBACK MY DAUGHTERS
 HOLSTEUN
 残像カフェ
 JOURNAL SPY EFFORT

00000583694.jpg




追記です。
買ってくれた人から情報が入りました。残像カフェの収録曲は以下のとおり。

◆4月のことば
◆下り坂道
◇おまけ映像 1
◆きみのいる春の景色
◆日なたにて
◇おまけ映像 2

posted by 残像カフェ大森 at 05:30| Comment(1) | TrackBack(0) | ZANZOW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月09日

南風パーリィー!

image/zanzow-days-zanzow-2005-05-09T18:30:59-1.jpg
次回の南風、8人編成でお送りすることになりました!

オオモリゲンキ(残像カフェ)
田畑伸明(ビューティフルハミングバード)
小池光子(ビューティフルハミングバード)
萩原恭子(いろいろ)
寺尾仁志(コール天)
萩原 拓(チョコレートパフェ)
高木コータロー(HAYDON)
佐藤良成(HUMBERT HUMBERT)

という豪華メンツでお送りします!バイオリン入り!ドラム・ベース入り!
すごいことになりそうです!!


スケジュール調整、すごいことに、、、
posted by 残像カフェ大森 at 18:30| Comment(1) | TrackBack(0) | SOLO WORKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月08日

次々と生まれている

■5/3〜5/8
少し前に書いた、あたらしいモードの新曲。
出来具合が進んでるものから順に作りこんでいく。


【細かい部分を詰め】 フレーズの細かいところ、歌詞の譜割りなど。弾き語りとノートでの作業。
  ↓
【弾き語りデモ】 自分用に録音。歌ってみないと思い出せないという段階ではイメージが固まらないし、果たしてこのメロディーでいいのかっていう判断をするのにも必要なので。
  ↓
【自作デモ】 バンドやレーベルへの提出用に。およびアレンジの方向性も(バンドで作り直すものではあるけれど)ある程度広げていく。リズムはループ、ベースとギター類を演奏、鍵盤は必要に応じて。歌を録り、コーラスもいろいろと入れていく。

 ○

少し前に書いた2曲、予想どおりすごく良い!(頭の中だけで鳴ってたものが、あるいはギター1本だったものが、簡易的なデモではあるにせよアレンジされて形になるという瞬間は、それはそれは感動的なものです。逆に言うと、その感動がない曲はボツにするべきと思う)

その2曲のうち、1つはごく素直にアコースティックな感じにした。
弾き語りのテイクがよかったので、それをレコーダーにそのまま落としてそれに肉付けしていった。さわやか。エバーグリーン。

もう1つは、ちょっと冒険して、ニールセダカとかポールアンカとかベンチャーズみたいな、ちょっとオールディーズ風にしてみた。この方向性でいくかどうかはこれから考えるとして、すごくウキウキしてしまう。


ちょっと難しい歌詞とか社会的なものとか書きすぎたので、シンプルな、ラブソングにしてみた。なんかね、それがすごいよいよ。もちろん、メッセージ的なことも歌っていくけど、片やこんなさらっとした曲があってもいいと思う。早くいろんな人に聴かせたい。

 ○

一緒に出来たほかの曲は、まだ出来かけなので試行錯誤中です。
(上の2曲は、全然悩まずに出てきたんだけど。そういう曲も時々ある。でもどちらかというと少しずつ練り上げていくほうが多いかな) 

それからしばらく前にAメロが出来て、ずっとサビで悩んでるのも1曲あって。
もう4つか5つサビ作ったけど、全部ボツ。きのう作ったものも、今日作ったものも結局ボツにした。ハマってしまうと半年や1年出来かけのままって曲もたまにあります。(夕暮れ時がそうでした)でも逆にいうと、それだけ出来てる部分が気に入ってるってことで。だから、ヘタなサビを付けられない、付けたくないと。そういうわけ。頑張って完成させたいと思います。
posted by 残像カフェ大森 at 18:08| Comment(1) | TrackBack(0) | SONGS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

赤坂グラフィティー

■5/4
オオモリゲンキと偏西風

ラプソディ改名案はやめにしました。偏西風でいきます。ってステージ上で言ったけど季節風ってよくない?って打ち上げで言ってるし。。

偏西風(寺尾さんとキョーコさん)に加え、先日の5人バンドでも参加してくれた高木克さんを迎え、4人編成で。
なんかね、すごく手ごたえがあった。歌もいい歌うたえたし、4人のアンサンブルが本当に気持ちよくて、音楽のなかにグッと入り込めた。

1.4月のことば
2.風薫る
3.めくるめく僕らの毎日
4.この街へようこそ!
5.星祭り
6.生活の柄

星祭りが、2001年のテロのあと書いた曲という話しになり、そして尼崎のこと、高田渡さんのこと、そういうことがあった最近で、生きるということ、死ぬということ、命ということ、そういうことについて、いろいろと考えた、
というMCをしました。
さっきの4/29の欄でも書いたけど、本当に大事な人や、自分自身が、いついなくなるか分からないし、そうなったときに、自分はどうしたらいいだろうと。あれこれ考えて、結局答えは出ないけれども、とにかく、命というものについて、よく考えた今年の春でした。生きていることの大事さに気づくだけでもね、たとえば一期一会じゃないけれど、身の回りの人たちとどう接して行くかってことも変わるだろうし、自分自身が本当にこれでいいのかって考える契機にもなるだろうし。もちろん、そんなことでは犠牲者の人たちの供養になんてもちろんなるとは思っていないけれども(事故の詳しい原因がまだ調査中であれ、とにかくあの会社の態度や構造について、一刻も早い改善と謝罪とを求めてやみません)なんというか、本当にぐるぐるしてしまうけれども、人や、出会いや、自分の人生や、時間や、とにかく無駄にしたり、粗末にしたり、できないなと思うし。慣れてしまった毎日や、周りの人との何気ない会話が、すごく貴(とうと)いものだって、本当にそう思います。


と、真剣なMC〜渡さんの追悼とした生活の柄のカバーでステージを降りる。ライプニッツが終わり、ラント・沖井バンドと続く。彼等は酔いどれライブ、そしてそのまま会場での1次会、呑み屋での2次会、あんなハイテンションな呑みは大学以来だわ、ラストオーダーでワインのボトル頼んでるし、タフだなぁ!タフというか、ついていけませんでした。楽しかったけどね。
posted by 残像カフェ大森 at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | SOLO WORKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。